とりあえず、一人暮らししたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by さっちゃん
 
[スポンサー広告
今年もサンキュー、智辯和歌山!
いやぁ、まさか後編がないなんて。
わたしってどんなけ、「明日やればいっか」精神で生きてるんだろう。生きてるってなんだろう。
nikiさんを見習わなければ。しかし、彼女のblogの更新に追いたてられてる生活もどうかと思うが(笑)、まぁ私よりはましだろう。そして大畑は3年だった。だからあんなに見覚えあったのかー


そんな事より、日本人なら全員知ってると思うけど、智辯和歌山負けました...。くやしー!
つまり私の夏も終わりました。今日からなんか心なしか涼しくないですか?私だけですか?もう秋きてますよね?


それにしても、ほんとにくやしー!
いやいや、私だって今年のチームは1回戦すら怪しいと思っていたし、優勝なんて期待はしていなかったし、それに今年のチームの子は高嶋監督の話も聞かないイマドキの子達だと思ってたし、名前と顔が一致する子もかなり少なかったし、去年のチームと比較して前のチームの方が好きだって思ってた...。


そんな私だけど...


《今年のチームへの感情》
1.2回試合見ただけで、全員の顔と名前覚えたよー!

2.北畠が頼れる選手に成長して感動したよ!

3.喜多が三塁への強い打球をしっかり捕球していい球を送球するたびに泣きそうになったよ!

4.平野がピンチで高嶋監督の方を見ずに相手バッターの顔をチラチラ見る姿に感心したよ!

5.平野は感じの悪い岡田をちゃんとねぎらってていいキャッチャーだよ、全く本当に!って思ったよ!

6.西川君の天才っぷりが日本中に知れ渡っててびっくりしたよ!

7.今大会のさち子的収穫・岩佐戸が粘り強くセンター返しする姿に来年が楽しみになったよ!

8.最後出てきた代打の一年生が新チームの核なんですね、先生!

9.一年生を負け試合で代打に出すなんて、先生の名采配ヨミガエッタな!

10.岩佐戸が最後まつ毛にいっぱい涙付けてた。か、かわいい!

11.2年連続泣いて和歌山に帰ってた岡田が最後すごくかわいい笑顔で帰ってったよ!

12.やっぱり今年の選手も(もち監督も)大好きだったー!

13.だってみんな一生懸命だし、仲良しなんだもん。がんばったな!


...とまぁこんな感じです。
でも、春も選抜出れてないし、春の大会も微妙な出来で、和歌山大会すら不安だったのに、今年もきっちり甲子園に来てくれて、2回も勝ってくれて、なんだかんだすごく楽しめた!
智辯和歌山の選手が練習頑張ると私の夏も楽しくなるという、この一見無関係に見える不思議サイクルは今年も健在でした。笑


あと、アルプスのみなさん今年も完璧な応援オツ。パーフェクト、パーフェクト。


あ、そうそう。
昨日の読売新聞の高嶋監督のコメントを見たら、こんなこと言ってた。


「また来年、しつこく出てきますよ。」


か、監督!最後のスーパーお気に入りと思われた岡田の引退と共に...なんて1%くらい不安があったが、監督辞める気全然ねぇー!笑


私、なんで監督が毎年守りのチームとか言いながら打撃のチームが出来るのか謎だったんだけど、西川君が札幌第一戦ですごい空振りしたシーンを
高嶋監督「ホームランねらっとったやろ」ニヤニヤ
西川君「いや、外野フライですよ~」
高嶋監督「手首怪我してホームラン狙うやつがおるかい」ニヤニヤ

って話してるの見て、いやいや何の謎でもなく、監督がホームランめちゃめちゃ好きなんじゃん...って思った。


来年も監督の好きな打撃のチームで甲子園に帰ってきてほしい。



スポンサーサイト
Posted by さっちゃん
comment:2   trackback:0
[yakyu
8.14 初戦
なんか、ドラクエにハマってたら、智弁和歌山が初戦を見事勝利してから1日経ってた。


そうそう、そのドラクエなんだけど、なんかよくわからないまま進めてたら、なんてゆーんですか・・・あれ、あれ、「ゼンクリ」?しそうになってた。さみしいー。
私、全くゲームしないから(高校野球育成ゲーム以外)、どんなもんかいなと思ってドラクエ買って見たけど面白すぎて充電しながらDSしてます。(なぜなら油断してたら電源切れるから)


てゆーか私まず、鳥山明の絵死ぬほど好きです、たぶん。
女子も男子も超タイプだからな~
普通はスタートボタンを押したらスキップされるオープニング映像があるんだけど、私毎回食い入るように見て、冒険が始まるまでかなり時間かかんだよ。ゲームの中の私と仲間もそのオープニングでキャラクターが着てる服装にしたいんだけど、どれかわかんないし、服高くてなかなか買えないの。今私と私の仲間達超ダサい服着てるから、あれまじでなんとかしたい。


そういえば、智弁和歌山の初戦を見て、私の野球友達(=onlyマツモティ)が感動して泣きそうだったってゆってた。笑
とりあえず、はじめてじっくり見た選手もいっぱいいたから、今日の試合の感想を書きたいと思います。



今年もたくさん下級生レギュラーが登場したよ。打順1番~4番までなんと2年生でした。

1.大畑君
まず、大畑君の第一印象は、なんかどっかで見たことある・・・
なんだろ。この子、去年ベンチ入ってたっけ?ボールボーイ?なんか見たことあるなー
なんか1番バッターっぽくなかった。多分、堂浦に似てるんだ。体系とか、ほにゃっとした顔とか。私の智弁和歌山の1番バッターのイメージば、堤野キャプテンの時の小関とか、嶋田とか、イカついんだよ。笑
すごい魚釣ってそうなイメージなの。だから、大畑君のゆるきゃらにものすごく違和感を感じました。


2.岩佐戸
岩佐戸君は本当に初めて見た顔でした。
印象に残ってるのは、3回、送りバントのサインを出されて、ミスした時。私はテレビの前で「ふっざけんなよ、2番バッターのくせにバント下手とかお前何の練習してんだよ」と怒鳴りましたが、(智弁和歌山の試合中、さち子さんはいつも正気を失っています)その後の表情がよかった!何球も粘るんだけど、「絶対打つ!」ってゆう意思がはっきりと見えました。結局タイムリー打つんだけど、やっぱり打つ子はオーラが出てるね。たのもしい下級生の登場バンザイ。

去年、「頼もしい1年生」デビューを果たした西川君とも違う、「全然打てる気がしない下級生」デビューを果たした北畠とも明らかに違う、岩佐戸君が楽しみです。
西川君のデビューは「なんかよくわかりませんけど、僕なんかヒット打てちゃうんですよねぇ、足もなんか速くて監督も僕を出場させたくてしょうがないみたいっすオーラ」でいっぱいだった。つまり天才。
北畠は一見真剣な顔してるんだけど、「あ~緊張する~、どうしよ~打たなきゃ打たなきゃ・・・オーラ」でいっぱいだった。笑
まぁ、そんな人間味溢れる北畠が私にとっては、最も愛すべきキャラクターなわけだが。
とりあえず、来年のキャプテンには岩佐戸君を押します。


3.西川君
去年の夏は、涼しい顔の天才1年生に甲子園が沸きましたが、今年も西川君は去年と全く同じ涼しい顔で、全く同じ位置にリストバンドみたいなの巻いて出てきたよ。
いつになったら、万全の西川君に出会えるんだろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ
しかし、西川君は去年と全く同じような感じで長打を飛ばしてました。
怪我しても、スランプ知らず!恐ろしい子!


4.山本
噂には聞いていたが、本当にでかくて、不敵な笑みで微笑む山本を見たら、なんかドラクエを思い出した。
なんか、この不敵な笑みどっかで見たことあるな~って思ってたら、武内だ!笑
彼には、2年生4番バッターらしく、調子に乗りまくってほしいです。ブンブン振るタイプかと思ったら、そうじゃないっぽいし、実に期待できる!いい!この下級生達!
山本君も、昨日の試合の後半でやっとヒット打ててたから、次は初回から打って。てゆーかチャンスに打ってまじで。


後半へ続く・・・




Posted by さっちゃん
comment:0   trackback:0
[yakyu
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。