とりあえず、一人暮らししたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by さっちゃん
 
[スポンサー広告
学校
昔、西田敏行が主演でやってた「学校」って映画を見てました。
多分、お父さんが録画してたんだと思います。
3,4年前までは、お父さんが借りてくる映画のセンスのなさに

「なんてノンセンスなんだ!」

っていつも驚愕していたのだけど、最近はそれが面白くてしかたがない事に気付きました。
ものすごく年月の重みを感じます。
・・・私、大人になってます。

もちろん、学校ってゆう映画があることは知ってました。
山田洋次が監督だってことも。
そして夜間学校の話ということも。
しかし、昔の私は見る気が起こらなかった。
だってだるそうじゃん。

でも、本当におもしろくってびっくり。
私にとって学校の先生って、ヒイキしたり、自分の気分しだいで変に怒ってたり、不幸なことにそうゆう印象しかない。だから、全く尊敬できない。
もちろん、そうじゃないまぁまぁ好きな先生もいたけど、別に思い出に残るほどお世話になったなあって感じがないんだよね。

確かに、別に不登校とかなってないし、シンナーとか吸ってないし、勉強も何となくこなして、いたって世話になる程の生徒じゃないんですよね、私。笑
でも、本当にいい先生って、私みたいな普通の子にも心に残る先生なんだろうな。
小学校6年生の時の担任の先生が挙手を強要してたんだよな~、あれってなんだったんだろう。
よく手を挙げない子を睨みつけていたけど、あれって何?笑 夢?笑
私もあんまり挙手するのって得意じゃなかったけど、しかたなく挙手してたよ。
まぁ、結局この歳になってもまだ勉強をする事の意味を理解してないから、あの挙手って全く意味のない事なんだな~と思います。
勉強って、威圧とか、強要じゃないよね、絶対。


それにしてもこの映画見てよかった。
卒業前に教室で、作文を書くってゆうそれだけの設定なんだけど、この登場人物達の別の話を絶対山田洋次撮ってるだろ、と思ってしまうのよね。どっかにあるはずだと。
てゆーか、今までの3年間の話を私は連ドラで見ていたかのように、ひとりひとりをなぜか懐かしみ、初めて観たのになぜか「あー、こんな事あったな~」と感じてしまう映画でした。
貧困、人種差別、不登校、障害、恋愛、不良、家族、全ての要素が入ってて、すげえなと思いました。
是非観て下さい。

生徒役が豪華で、

1.田中邦衛

なんか、(田中邦衛こと)いのさん最後に死んだんだが!!
それにしても、田中邦衛が入学するまでを振り返る西田敏行のナレーションおもしろすぎました。
いのさんは、献血車を遠目から眺めていたら、中からメガネをかけた白衣の男性が出てきて、
西田敏行曰く、「この人ならなんでも知ってるって、いのさん思ったんだろうな~」
ってことで、「おれ、字とかかけねぇから、習いたいんだよ!どっかに教えてくれるとこねえかな~。にいちゃんみたいな頭のいい人ならしってんじゃねえかと思ってよ」
とか話しかけてました。
西田敏行曰く、「幸いその人はいい人でなあ~、いろいろ聞きまわってうちの学校のことを知ったらしんだ」 いい人すぎて、この世も捨てたもんじゃねーなと思いました。


教室のシーンになり、
カタカナに自信がなく、「みるく」のカタカナを黒板に書く事をかたくなに拒むいのさん。
しかし、競馬が好きで、「本命」とか「大穴」って難しい漢字まで読めるのに!とクラスメイトに暴露される。すると、「ハッ!」っとした表情の西田敏行。
黒板にオモムロに「おぐりきゃっぷ」と書く・・・
すると、いのさんがその字を見ながら血が沸き立ってきたらしく、ゆっくりと立ち上がり、チョークを手に取る・・・沸く教室・・・「いけー!いのさーん!」
いのさんが力強く「オグリキャップ」と書き上げる!!
「書けんジャン!いのさん!!」
それから、オグリキャップが有馬記念で勝った時の実況を田中邦衛が始めるんだけど、本当に笑える。このシーン最高でした。田中邦衛の顔、まじ面白いし。


2.中江有里
3.裕木奈江
4.韓国人のおばちゃん
5.中国人と日本人のハーフ
6.頭の悪い役をさせたら天下一の俳優(名前は知らないけど、顔は絶対知ってるはず)
7.そして、萩原聖人!!

私は3年位前から突然「若い頃の萩原聖人ファン」になりました。
若い頃の・・・というのがかなりポイントで、若い頃の萩原聖人への関心が100%なら、現在の萩原聖人への関心は25%くらいです。

それにしても、若い頃の萩原聖人って・・・才能の塊すぎて怖い。
軟派な役でも、硬派な役でも何をさせても似合うんですよねえ。
やっぱり、俳優にとって大切なことって、

1.なちゅらるさ(透明感)
2.切なさと儚さ
3.愛おしさ
4.ええ声

だと思う。
今、透明感のある俳優さんってなかなかいないよね。
若い頃の萩原聖人は、正統派のイケメンでこそないが、なんかかっこいいんだよね。
多分、演技がまじうまくて、この全部がそろってるからだと思う!
もちろん、忘れれちゃいけないのが、最高に声がいんだよねえ、彼。
そりゃ、ヨン様の吹き替えもやるよな。笑
そして、愛嬌があって、なんかかわいいの。
そして、表情が切なくていい。


やっぱり、hey!say!jumpなら、断然有岡くん!!
有岡君は透明感があるから、もっと演技の勉強したら、萩原聖人クラスになれる要素が絶対あるよね!
派手さはないけど、(というよりかなり地味目だが)等身大の青年を演じられるいい俳優さんになってほしいなあ。
あとは、声だけだな。かわいすぎんだよな。


ということで、本日の締めもhey!say!jumpでした。
お後がよろしいようで。
スポンサーサイト
Posted by さっちゃん
comment:4   trackback:0
[dorama
初めてのhey!say!jumpカテゴリ~!
ついに、この日が・・・
今日はアイドル雑誌の立ち読みをしてテンションが高くなってるから
hey!say!jumpカテゴリに日記が書ける気がする!!
ホントについに!笑


昨日今日と2連休だったので、昨日は引きこもり。
そして、今日はお母さんとおでかけして来ました。
その前にとりあえず、言いたいこと。
私はゴールデンウィークなんて大っ嫌いです。


あ、そうそう、昨日の引きこもりで、nikiさんに借りた「いきなりin東京ドーム」のDisc2で電車に乗ってる人類の中で1番進化しているかわいさの少年達のシーン見ました。
それから、たかきのごくせんスペシャル見ました。
まぁ、両方とも”いつのだよ”状態だが、しっかり見れてよかったよかった。
お母さんに、ごくせんのせいでハードディスクの容量が減ってると散々言われていたから、肩身の狭い思いをしてたの。
見た瞬間即効削除したぜ!


それにしてもたかき君、なかなか演技よくなってきたよねー
初めはどうなる事かと思ったけど。
やっぱりヘイセイジャンプは磨けば光る子達ばっかりだな。(べた褒め)
なんか、芸能の記事で、たかき君の演技について酷評されてたの見るのかわいそすぎて吐きそうだったもん。
初めから、うまくやれる子なんていないのにねー
そりゃ、地と似たタイプの役ならまだしも、たかき君なんて「ママ」って普段呼んでるらしいし
ヘイセイジャンプの中でも、ちょっとヘタレキャラの子がいきなり不良の役上手くできるわけないだろー!笑


今日のお出かけは、お母さんとコナンの映画見てきたよ。
きも親子で本当に申し訳ございません。
そして、一通り、あらすじ紹介してから
コナンと新一出てきて「見た目は子供、頭脳は大人!」
ってゆーとこでお母さんと目を見合わせて「プ!」って吹き出してしまいました。
度々きもくて本当に申し訳ございません。
てゆーかゴールデンウィーク終わって、子供いないからだろうけど、
私とお母さんしかコナン見てなかったんだけど・・・
だから、ここぞとばかりにエグゼシート座っちゃった。
「いいよね、いいよね~!」って。


そうそう、hey!say!jumpの話だった。
マッハでたちよみしたから、あんまり内容覚えてないんだけど、
藪君、いのお君、ありおか君と岡本圭人の話にハズレはないです。
BEST+岡本圭人でなんか深夜枠もらって番組始めちゃえばいいのに。
ただ座談会するだけでいいから。
私が狙ってる枠は、大きく出るが、ずばり「未来創造堂」ですね。
なんかあの時間、特に意味もなく「未来創造堂」を見てる気がする。
ってゆーことは、ヘイセイジャンプに興味にない人も
「なぁに、このかわいこちゃん集団は!」ってなると思うカラー!


とりあえず藪君の”いのお君のニヤニヤした笑顔には救われる”って発言に妙に納得。
私も同感です。
いのお君がニタニタなんかやるってゆうコーナーやって欲しいもん。
意味のない番組かもしれない・・・しかし、なんとなくでいいからやって欲しい!
「出来るわけないじゃないですか~!(ニヤニヤ)」
「あ~もう!ほらぁ!・・・・ポイッ」
見たいな感じで投げやりなことしてほしい。


あ、そうそう、ありおか君と岡本圭人も言ってたけど、山田と中島君と知念君が同じクラスってかわいいね~
しかし、ずっと一緒って大丈夫なのか不安になるね。
お願いだから、光GENJIみたいに仲悪くならないで欲しいなー。
だいぶ前、赤坂君が当時を振り返るみたいな番組出てたとき、レコード大賞で、大賞取った時、
泣きながらパラダイス銀河歌ってる映像が出てきて

司会「この時なに考えてましたか?」

赤坂「(諸星和巳がピーターパンみたいに頭に付けた)羽が顔にかかってきて邪魔だなって思ってました。」

って答えてたもん。
いや、期待を全く裏切らないその解答は、これぞ光GENJIって感じで吹き出したんだけど。
ヘイセイジャンプには、ずっと仲良しグループでいてほしいじゃない


それにしても、やはりアイドルエリートといえば、堀越って感じだから
またしても、エリートの階段を着々と登っているみんなの事がやはり誇らしくなりました。


って、なんか雑誌の内容全く書いてないけど、
とりあえずまぁCD出してくれ。
Posted by さっちゃん
comment:4   trackback:0
[hey!say!jump
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。