とりあえず、一人暮らししたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by さっちゃん
 
[スポンサー広告
こまだい~
駒大のシード権落ちに新年早々縁起の悪さを感じています・・・
まさかすぎてこわい。こわすぎてハゲそう。


改めて、駅伝って難しいスポーツなんだと思った。
うん、やはり奥が深い。
元旦のニューイヤー駅伝でも思ったけど。
今年は富士通が三つ巴のデッドヒートを最後200mくらいのラストスパートで制して優勝、という最後の最後で異様な盛り上りを見せたわけですが、その前の5区と6区の選手がこれまたラストスパートを制して1秒差でタスキ渡してたのね。
瀬古さんも言ってたけど、やっぱりそうゆうのって本当に大事なんだなって思った。
最後に必死の形相で1秒でも先につなぐってゆうのは、次の走者にも必ず影響しているものですね。


ちなみに富士通の4区藤田・5区太田・7区アンカー松下はみんな駒大だから最高の元旦を過ごしていたにのに・・・まさか次の日にぃぃーキャーーーーー
いや、冗談抜きで今回の駅伝ホラーです。笑

もちろん今年も優勝は狙えるメンバーだったと思います。
ただ、少しずつ狂うと駒大でもこんな結果になるんだな・・・と。


今回の箱根往路でsachikoが学んだこと。

1.3大駅伝しか見ない私が初めて名前を聞く駒大の1区の選手は危険

2.10キロを過ぎても中途半端なポジションにいる駒大・末松君は危険

3.やはり中途半端ポジで他校のスパートについていけない駒大・末松君はかなり危険

4.スパートについていけないと、焦ってズルズル後退するものだ

5.1区の最低限の仕事は、トップと20秒差以内だ

6.1区って本当に大事だ

7.予想外の1区の出遅れに2区の人は焦る

8.モグスとダニエルの中継所で待機中の会話の内容はとても気になる

9.いつもはあっさりダニエルに抜かれる宇賀地にもさすがに意地を感じる

10.モグスは「お母さんも見てるぞ」と言われると力を発揮する

11.モグスは区間新、ダニエルはゴボウ抜きという、2人共に記録が出来るとうれしい

12.3大駅伝しか見ない私が初めて名前を聞く駒大の3区の選手も危険

13.駒大選手の正直棄権じゃねえのって感じの走りには虚しさが押し寄せる

14.あれだけ硬派に見える竹澤がもし軟派な男だったら人間不信になる

15.3大駅伝しか見ない私が初めて名前を聞く駒大の4区の選手もやはり危険

16.王者駒大でも、下位争いではテレビにも写らない

17.山登りで1度も写らない駒大は切ない

18.怪物・柏原竜二は冗談抜きで、ただの怪物

19.怪物・柏原竜二がいれば、あとが並なら往路優勝可能

20.最後フラフラになりながら生還する駒大・星の頑張りは無条件に感動する

21.東洋・大西は双子だった



結局、1区19位というまさかの順位を、最後の最後まで引きずって結局全員力出せなかったって印象でした。
駒大には、ダニエルとか、モグスとか竹澤とか怪物柏原とかいないから、みんながしっかりコンスタントに最低限の結果を出さないといけないのだが、駒大はしょっぱなから最低限の働きが出来なかったと思います。

1区と3区の彼らはまだ2年生みたいだし、失敗は全員1度はあるわけだから、次からは頑張って欲しい。
ただ一つ言えるのは、もう1区を走った末松君も3区を走った渡辺君も、もうわたしは名前を覚えた!
だから危険な選手じゃなくて、次からはしっかりとした戦力になってくれると信じてます。





スポンサーサイト
Posted by さっちゃん
comment:2   trackback:0
[ekiden
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。